フィルター法を用いた蛍光X線分析法による水中懸濁物質の化学分析の評価 Evaluation of filter method with X-ray fluorescence spectroscopic analysis on suspended matter in water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 納谷 友規 NAYA Tomonori
    • 独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門 Institute of Geology and Geoinformation, Geological Survey of Japan/ AIST
    • 河野 恭彦 [他] KONO Takahiko
    • 日本原子力研究開発機構東海研究開発センター核燃料サイクル工学研究所放射線管理部 Environmental Protection Section, Radiation Protection Department, Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories, Japan Atomic Energy Agency

抄録

We developed a filter method with X-ray fluorescence spectroscopic analysis on suspended matter in water. Analyzed elements are SiO<sub>2</sub>, TiO<sub>2</sub>, Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>, FeO, MnO. MgO, CaO, Na<sub>2</sub>O, K<sub>2</sub>O, P<sub>2</sub>O<sub>5</sub> and S. The standard material is a natural altered tuff, which was suspended in water and filtrated under reduced pressure. The accuracy, the standard deviation and the lower limit detection qualify this method. This method is conveniently quick and applicable to the chemical analysis of suspended matter in water.

収録刊行物

  • 岩石鉱物科学  

    岩石鉱物科学 36(2), 37-41, 2007-03-30 

    日本鉱物科学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018418945
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1146088X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1345630X
  • NDL 記事登録ID
    8807776
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-117
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ