廃アスベストおよびアスベスト含有廃棄物の溶融処理を目的とした模擬溶融実験 : 溶融条件の検討 Test Melting Experiment to Investigate Melting Conditions for Asbestos and Wastes that Contain Asbestos

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃アスベストの処理はこれまで埋立処分を中心に行われてきたが, 最終処分場等の寿命は全国的に残り2.5~4.5年と短く, 現在埋め立てに代わる新しい処分方法が求められている。筆者らはこのたび, 産業廃棄物の処理に伴って発生する主灰と飛灰を使用して1,500℃以下の低温で廃アスベストおよびアスベスト含有廃棄物の溶融処理を検討するラボ実験を行ったので報告する。<br>今回の実験の結果クリソタイルを1,300℃, 30分の温度条件 (雰囲気温度) で溶融処理する場合, クリソタイルと飛灰, 主灰の混合比が大きく影響していることがわかった。実験に使用した灰については, 主灰にFe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>が多く, また飛灰にはCaOが多い。SiO<sub>2</sub>は主に主灰の方に存在するが, その量は廃棄物の種類と投入量に左右されている。クリソタイルはSiを多く含んでおり, 全体でのSiO<sub>2</sub>, Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>, CaOの比率が適したときにクリソタイルの溶融が可能になったのではないかと考えられた。この主灰と飛灰を使用することで, 純クリソタイルの比率40%まで溶融することができた。

Asbestos waste has been disposed of in landfills for many years. However, since landfills will be unable to accept more waste in 2.5 to 4.5 years, we need new disposal methods for asbestos. This study reports the results of laboratory experiments that examined the disposal of asbestos and waste that contains asbestos by melting with fly ash and ash at temperatures below 1500°C.<br>The proportions of chrysotile, ash and fly ash influenced the melting of chrysotile in a test of 30 minutes at a temperature of 1300°C. The ash used in this experiment included much Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>, and the fly ash used in this experiment had a lot of CaO. SiO<sub>2</sub> also existed in the ash, but the amount depended on the type and volume of waste. Chrysotile contains much Si. Melting is possible when the proportions of SiO<sub>2</sub>, Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub> and CaO are suitable. Using ash and fly ash, we were able to melt 40% pure chrysotile.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 18(2), 152-156, 2007-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018420205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8693632
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ