高速撹拌処理と製油所廃棄物を用いた活性汚泥の可溶化促進 Stimulatory Solubilization of Activated Sludge from Refineries by Using High Speed Mixer and Waste Alkaline Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前報にて,製油所由来活性汚泥を製油所由来アルカリ廃棄物で減容化(可溶化)できることが認められたため,今回,高速撹拌による物理的処理を組み合わせて,可溶化処理の促進効果を検討した。<br> その結果,市販高速ミキサーを用いて12,000 rpm(線速度15 m/s)で,0.05 mol/<i>l</i> のアルカリ条件で可溶化すると,30分で40%,1時間で50%と,高速撹拌処理を行わない場合に比べ,効果が1.3~1.4倍に増大した。温度を50℃に上昇させると,可溶化促進効果は1時間で55% にも達し,高速撹拌処理に温度を加えると,可溶化効果はより促進されることを認めた。<br> さらに,1 m<sup>3</sup>のベンチスケール可溶化装置を試作し,実験室で得られた最適条件下,実際の廃ソーダを用いた可溶化処理を行ったところ,ほぼ同等の可溶化効果が達成され,簡易な高速撹拌とアルカリ廃棄物の組合せの実用性が確認された。<br>

Solubilization of activated sludge using alkaline waste refinery spent caustic is feasible. Stimulatory solubilization of activated sludge with combinations of a high-speed mixer and alkaline treatment was investigated. A high-speed mixer operated at 12,000 rpm (liquid linear velocity, 15 m/s) containing 0.05 mol/<i>l</i> alkaline solution enabled solubilization of 40% and 50% solubilization after 30 min and 1 h, respectively, or 1.3-1.4 times greater compared with solubilization with only alkaline treatment. Higher temperature (50°C) stimulated solubilization up to 55% after 1 h. A pilot-scale solubilization reactor (1 m<sup>3</sup>) was constructed. Under the optimum conditions obtained in laboratory scale experiments, about 50% solubilization with "refinery spent caustic" was achieved, similar to that of laboratory experiments, in 1 h, suggesting that such combinations are practically possible.<br>

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 49(3), 140-144, 2006-05-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018420556
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    7943988
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ