AA化PVA水溶液のpMDI分散特性と木材接着性能(第2報) : 架橋したAA化PVAの動的粘弾性と木材接着性能 pMDI Dispersion Property and Wood Bonding Performance of the Acetoacetylated PVA Aqueous Solution (second report) : Dispersion Property and Reactivity of pMDI in the PVA Aqueous Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アセトアセチル (AA) 化PVAとpMDI (ポリメリックジフェニルメタンジイソシアネート)とを混合した場合の架橋反応やこれらを接着剤とした場合の木材接着性能について検討するため,PVAの重合度,疎水基量および疎水基の分布状態を示すブロックキャラクターを変えた一般PVAおよびAA化PVAを用いて,接着剤フィルムの動的粘弾性測定や木材接着試験を行った結果,以下のことが明らかになった。pMDIの分散性能が良好なPVAほど混合物フイルムの動的粘弾性のE"ピークが高温側にシフトし,同時にゴム状平坦部のE'値が上昇した。中でもAA化PVAはE"ピークのシフト量が全サンプル中で最大であった。ガラス転移温度のずれからNielsenの経験式1) を用いて算出した架橋密度とゴム弾性理論により導かれた式2)を用いてゴム状平坦部におけるE'値から算出した架橋密度とを比較したところ,ユリア結合などのNCO誘導体の効果が反映される後者からの架橋密度の方が高い値を示した。また,分散性が良いPVAほどどちらの式から算出された架橋密度も高い値を示した。架橋反応に関与したPVA中の官能基の割合(架橋率)を検討した結果,分散性の良いPVAほど架橋率が高く,特にAA化PVAは架橋率が非常に高かった。またpMDI添加比が多くなるほどこの傾向は顕著になった。分散性が良好でフィルムの架橋密度が高いPVAほど高い木材接着性能を示し,分散性能と木材接着性能には高い相関が認められた。

The following experiments were carried out in order to clarify the reason of the excellent wood bonding performance of AA PVA when used as an adhesive. The surface activity performance of AA PVA was evaluated, and the relationship between the pMDI dispersion property in the PVA aqueous solution and the ability to consume isocyanate (NCO) groups was examined in comparison with ordinary PVA, which was used with varying degrees of polymerization and varying quantities and distribution of hydrophobic groups introduced into the side chain. By the measurement of the surface tension of various PVA aqueous solutions and the interfacial tension between the various PVA aqueous solutions and n-hexane, it was found that the AA PVA aqueous solution has low surface tension and low interfacial tension with n-hexane. By testing pMDI dispersion in the various PVA aqueous solutions, the AA PVA aqueous solution was found to have high oil component dispersion performance and to have the ability to disperse the oil component in aqueous solution into smallerparticles than ordinary PVA does. AA PVA also demonstrated rapid consumption of NCO groups in the PVA aqueous solution. From the above mentioned, the AA group was found to have excellent interface activity, not only as a hydrophobic group, but also as a functional group, with reactivity that disperses the oil component into aqueous solution.

収録刊行物

  • 日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan  

    日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan 42(10), 393-400, 2006-10-01 

    The Adhesion Society of Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018428708
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10341672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09164812
  • NDL 記事登録ID
    8535146
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-134
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ