PCR法によるフィリピン産インド型米の品種判別および澱粉特性評価法の改良 Cultivar Identification and Palatability Estimation of 14 Typical Philippine Rice Cultivars by the PCR Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1)フィリピン産米主要14品種の品種判別を目的に,いもち病真性抵抗性遺伝子<I>Pii, Pita-2, Pik-m, Piz</I>由来の5個のマーカーを用いてPCRを行った結果,14品種中4品種を識別することが可能であった.また,これらのマーカーも加え,合計8個のマーカーによりフィリピン産米14品種の相互判別が全て可能になった.<BR>2)フィリピン産米のインド型米13品種において,DBE由来プライマー,SSSI由来プライマー,BE由来プライマー,アミロース含量に関連するプライマー,SSSII由来識別プライマーによるPCRの結果を説明変数にし,アミロース含量・ゲルコンシステンシーを目的変数として重回帰分析を行った結果,1%有意の相関(アミロース含量r=0.75,ゲルコンシステンシーr=0.84)が得られた.<BR>海外でのいもち病抵抗性の育種は,真性抵抗性遺伝子の種類や数の分析もなされていない状況にあると言われており<SUP>32)</SUP>,開発した数種類のいもち病真性抵抗性遺伝子由来のマーカーが,育種分野におけるいもち病抵抗性系統の選抜にも有効に利用されることが期待される.

We have developed five PCR-based DNA markers for rice blast resistance. All the DNA markers developed in the present study were shown to be located on the same chromosomes as the target blast resistance genes and are estimated to be closely linked with them. Using PCR for these primers, four typical Philippine rice cultivars were found to have different DNA patterns. Furthermore, we have developed a novel primer closely related to soluble starch synthase (SSSI). This primer revealed marked differences between <I>Japonica</I> and <I>Indica</I> subspecies of rice. In addition, the results of PCR were highly correlated with the amylose content. This is due to the close location of granule-bound starch synthase (GBSS) and SSI on rice chromosome six at an approximate map distance of 5cM. The PCR results for 14 typical Philippine rice cultivars also showed high correlation for the amylose content. The present authors developed a formula for estimating the amylose content and gel consistency by multiple regression analyses based on the results of PCR as the explanatory variables.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 53(12), 634-643, 2006-12-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018439170
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    8571447
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ