環動高分子材料 : DDS用の新しい高分子材料 Slide-ring materials : new polymeric materials for DDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木戸脇 匡俊 KIDOWAKI Masatoshi
    • 東京大学大学院新領域創成科学研究科 Department of Advanced Materials Science, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
    • 片岡 利介 KATAOKA Toshiyuki
    • 東京大学大学院新領域創成科学研究科 Department of Advanced Materials Science, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
    • 伊藤 耕三 ITO Kohzo
    • 東京大学大学院新領域創成科学研究科 Department of Advanced Materials Science, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

抄録

DDS用の新しい高分子材料である環動高分子材料について, 基礎的知見から最近の応用までを概説する. ポリロタキサンの環動特性を最もよく利用した環動高分子材料の一つである環動ゲルは, 滑車のように自由に動く架橋点を持つことから, 従来の化学ゲルとは力学特性が大きく異なり, むしろ生体に近い特性を示す. また, 中性子小角散乱の測定結果から, 環動ゲルでは滑車効果によりゲルの不均一構造が緩和することが明らかになった. さらに, 最近発見されたメチル化ポリロタキサンのゾル-ゲル転移について紹介し, 環動高分子材料のDDSへの応用と今後の展望を概観する.

We reviewed the fundamental aspects and applications of slide-ring materials as new polymeric materials for DDS. The slide-ring gel is one of the slide-ring materials using sliding features most effectively and has movable cross-linking junctions. As a result, it exhibited mechanical properties quite different from chemical gels, rather close to biomaterials. The small angle neutron scattering studies of the slide-ring gels revealed that the pulley effect relaxed the inhomogeneous structure in the slide-ring gels. In addition, we introduced the sol-gel transition of methylated polyrotaxane as a new thermoreversible DDS system. Finally, we discussed the application of the slide-ring materials to DDS with the future view.

収録刊行物

  • Drug delivery system

    Drug delivery system 21(6), 592-598, 2006-12-10

    日本DDS学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018443446
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8618649
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ