蛋白ナノ集積プロセスと応用 A new bottom-up process for the fabrication of inorganic nanostructure and it's application

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山下 一郎 YAMASHITA Ichiro
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Materials Science, Nara Institute of Science and Technology

抄録

無機材料のナノ構造を作製する新しいプロセスとして, 蛋白質の同質性, 自己組織化, バイオミネラリゼーションを利用する手法を提案した. このプロセスに利用する, 単電子トランジスタの鋳型蛋白質を対称性を利用して設計・構築し, 大型のフェリチン2次元結晶をフェリチンの特異的相互作用を利用して作製した. また, この手法により作製したフローティングゲートメモリは良好な特性を示し, 提案したプロセスの電子デバイス部品作製への有用性が示された.

A new bottom-up process for the fabrication of inorganic nanostructure is proposed. A template protein supramolecule for the single electron transistor and a large 2D ferritin crystal were successfully produced. Floating gate memory produced employing this method shows clear memory effect.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(6), 599-607, 2006-12-10 

    日本DDS学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018443463
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8618655
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ