DDSに用いられるナノサイズのキャリア Nano-sized drug carriers : their present status and future perspective

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 横山 昌幸 YOKOYAMA Masayuki
    • 神奈川科学技術アカデミー横山「高分子ナノメディカル」プロジェクト Yokoyama "Nano-medical polymer" project, Kanagawa Academy of Science and Technology

抄録

2000年にナノテクノロジーの振興が提唱される以前から, DDSではナノサイズのキャリアが当然のごとく使用されてきた. それは, 1990年代までにナノサイズを用いる意義がDDSで深く認識されてきたことと, ナノサイズのキャリアを作製する技術が得られていたことによる.<br>本稿では, 薬物キャリアがナノサイズである意義と, キャリアの投与経路, そしてキャリアの形態を分類して説明する. 最後の章では, 各キャリア形態の最近の発展を概観するとともに, 関連したトピック (ナノメディスンと分子イメージング) についてまとめる.

Nano-sized drug carriers have been actively studied and developed in the field of DDS in much earlier years than the year 2000 when a famous nanotechnology initiative program was presented by the US government. The reason for this preceding activity concerning nanotechnology is the fact that advantages and significance of the use of nano-sized drug carriers had been well known and recognized until 1990's in the DDS field. Furthermore, developments in preparation technology of the nano-sized carriers in 1980's and 1990's are the other reason.<br>In this review, advantages and significance of the nano-sized carriers are explained first, followed by classification of the carriers. In the last chapter, recent developments and future perspectives of each class of the carriers are concisely described as well as related two topics (nano-medicine and molecular imaging) are briefly introduced.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(6), 615-622, 2006-12-10 

    日本DDS学会

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018443491
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8618672
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ