再生医療におけるナノテクノロジー Nanotechnology in regenerative medicine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大和 雅之 YAMATO Masayuki
    • 東京女子医科大学先端生命医科学研究所 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University

抄録

根治治療を可能にすることが期待されている再生医療の本格的実現には, 今後, 多くのブレークスルーが必要である. また, すでに臨床応用がはじまっている組織中に存在する体性幹細胞につづいて, ES細胞の臨床応用が近づいてきている. 本稿では, 再生医療とES細胞研究の現状を概説するとともに, この分野におけるナノテクノロジーの活躍への期待を併せて述べたい.

In order to realize full-blown regenerative medicine that is expected to achieve permanent care, a wide variety of breakthroughs would be required. In addition, ES cells have been also focused as another cell source in clinical settings following early clinical success with somatic stem cells. Here, the current statuses of regenerative medicine and ES cell research are summarized, and the expectation for nanotechnology in this field is described.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(6), 623-626, 2006-12-10 

    日本DDS学会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018443521
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8618678
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ