中世日本人の頭蓋形態の変異 Morphological Variation of Crania of the Medieval Period Japanese

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,近年資料の蓄積が著しい関東地方の中世人頭蓋の計測を行い,そのデータと文献から収集した頭蓋計測値に基づき関東地方の中世人頭蓋の地域内変異を明らかにすることが第一点である。第二点目は,関東地方と北部九州・山口地方の中世人との比較から中世人頭蓋の地域間変異を考察することである。今回,計測した資料は,鎌倉~室町時代前期の鎌倉市由比ヶ浜南遺跡(単体埋葬墓),中世集団墓地遺跡(No. 372),極楽寺遺跡,室町時代後期の東京都鍛冶橋遺跡,丸の内遺跡から出土した成人男性頭蓋である。文献データとしては,鎌倉~室町時代前期の鎌倉市の由比ヶ浜南遺跡(集積埋葬墓),材木座遺跡,室町時代の北部九州・山口地方の吉母浜遺跡から出土した成人男性頭蓋の計測値を引用した。関東地方の中世人頭蓋は長頭・低顔・歯槽性突顎の傾向が強く,その特徴は他の時代には認められないほど顕著であることが分かった。特に,極楽寺遺跡,材木座遺跡出土の中世人でその特徴が著しかった。関東地方の中世人の頭蓋形態は時期とともに変化し,中世の後期人ほど江戸時代人や現代人との類似性を示した。また,北部九州・山口地方の中世人頭蓋も長頭・低顔・歯槽性突顎を特徴とするが,関東地方のいずれの中世人に比べても現代人頭蓋に類似することが分かった。<br>

This study measured the medieval crania from the Kanto District in Japan and compared the measurements with those of the preceding studies for the purpose of clarifying the morphological variation within several medieval populations in the Kanto District and between populations from the Kanto and northern Kyushu-Yamaguchi Districts. The materials utilized in this study consist of human skeletal remains from the Yuigahama-minami (individual burials), Chusei-Shudan-Bochi, Gokurakuji sites in the Kamakura city, the Kanto District and from the Kajibashi and Marunouchi sites in the Tokyo metropolis, the Kanto District. Statistical comparisons are made with data available in the literature on population samples of the Yuigahama-minami (multiple burials) and Zaimokuza sites in the Kamakura city, the Kanto District and of the Yoshimohama in the Shimonoseki city, the northern Kyushu-Yamaguchi District. The result is that all the medieval populations have more dolichocephalic, chamaeprosopic, and alveolar-protrusive crania than the samples of other periods. The intra-regional comparisons of the medieval crania indicate that the samples of the Kanto District cannot be regarded as homogeneous: the specific features of the medieval period Japanese are pronounced especially in the Gokurakuji and Zaimokuza samples. The inter-regional comparisons of the medieval crania indicate that all the medieval populations from the Kanto District have more dolichocephalic, chamaeprosopic, and alveolar-protrusive crania than the population from the northern Kyushu-Yamaguchi District.<br>

収録刊行物

  • Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌  

    Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌 114(2), 139-150, 2006-12-01 

    The Anthropological Society of Nippon

参考文献:  68件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018443722
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11307827
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13443992
  • NDL 記事登録ID
    8621060
  • NDL 雑誌分類
    ZS1(科学技術--人類学)
  • NDL 請求記号
    Z19-11
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ