弱反転MOSFETを用いた温度検出スイッチ回路(<特集>アナログ回路技術ショートノート-アナログ回路技術の創造と伝承を目指して-) Critical Temperature Switch Consisting of Subthreshold CMOS Circuits

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

特定の温度でオン状態からオフ状態に遷移する温度検出スイッチ回路を提案する.この回路は,自己バイアス電流回路の線形MOS抵抗が温度上昇に応じて強反転動作から弱反転動作に遷移することを利用する.回路パラメータの調節により,スイッチのしきい値温度を任意に設定可能である.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス   [巻号一覧]

    電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス J89-C(10), 654-656, 2006-10-01  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018445511
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11412446
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452827
  • NDL 記事登録ID
    8533651
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-607
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ