メタン発酵処理がバーティシリウム菌, メロンつる割れ病菌の生存に及ぼす影響 The Effect of Inactivation of Verticillium dahliae and Fusarium oxyporum f. sp. melonis under Anaerobic Digestion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は作物病原菌であるバーティシリウム菌とメロンつる割れ病菌のメタン発酵による死滅効果を明らかにすることを目的に発酵温度35℃と55℃で回分試験を行った。その結果, 微生物を90%死滅させるのに必要な時間<i>T<sub>90</sub></i>は, バーティシリウム菌は35℃で7.7日, 55℃で0.6日となった。メロンつる割れ病菌は35℃で0.5日, 55℃では15分で死滅し, 共に55℃での死滅効果が高いことが明らかとなった。

The aim of the study was to clear the effect of inactivation of <i>Verticillium dahliae</i> and <i>Fusarium oxyporum</i> f. sp. <i>melonis</i> of crops pathogenic fungi under methophilic (35°C) and thermophilic (55°C) temperatures using batchwise anaerobic digesters. The time required for a 90% reduction of viable counts of a population of microorganisms or a decrease by log<sub>10</sub> (<i>T<sub>90</sub></i>) of <i>Verticillium dahliae</i> was 7.7 days at 35°C and 0.6 days at 55°C, respectively. The <i>T<sub>90</sub></i> value of <i>Fusarium oxyporum</i> f. sp. <i>melonis</i> was 0.5 days at 35°C. However, <i>Fusarium oxyporum</i> f. sp. <i>melonis</i> could not be detected after 15 minutes at 55°C. As a result, it was clear that thermophilic digestion was more effective in inactivating <i>Verticillium dahliae</i> and <i>Fusarium oxyporum</i> f. sp. <i>melonis</i> than methophilic digestion.

収録刊行物

  • 農業施設  

    農業施設 37(3), 133-138, 2006-12-25 

    農業施設学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018448338
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201054
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888517
  • NDL 記事登録ID
    8577533
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1016
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ