化学物質の初期リスク評価手法の開発(3) : プレ・スクリーニング手法の開発と初期リスク評価結果による検証 Development of the Initial Risk Assessment Method (3) : Development of Pre-screening Method and Validation by Comparison with the Results of the Initial Risk Assessment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐渡友 秀夫 SADOTOMO Hideo
    • (独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター Chemical Management Center, National Institute of Technology and Evaluation (NITE)
    • 平井 祐介 HIRAI Yusuke
    • (独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター Chemical Management Center, National Institute of Technology and Evaluation (NITE)
    • 伊藤 愛 [他] ITO Ai
    • (独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター Chemical Management Center, National Institute of Technology and Evaluation (NITE)
    • 村田 麻里子 MURATA Mariko
    • 経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 Chemical Management Policy Division, Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)
    • 松崎 寿 MATSUZAKI Hisashi
    • (独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター Chemical Management Center, National Institute of Technology and Evaluation (NITE)
    • 高久 正昭 TAKAKU Masaaki
    • (独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター Chemical Management Center, National Institute of Technology and Evaluation (NITE)
    • 横山 泰一 YOKOYAMA Yasukazu
    • (独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター Chemical Management Center, National Institute of Technology and Evaluation (NITE)

抄録

本研究では, PRTR制度対象化学物質の初期リスク評価を効果的に実施するために, 評価の優先順位づけを行う方法を提案し, その有効性を確認した。この方法では, 有害性の強さとPRTR排出量を暴露の程度としてそれぞれ評点化して表し, その積で優先度をつけている。<BR>そして, 有害性評点と暴露量評点を軸とする簡易リスクマップを作成し, 物質問の位置関係を俯瞰的にレビューすることで, 初期リスク評価の優先順位づけが効果的に実施できていることを確認した。<BR>また, 本方法の特徴は, ヒト健康影響と生態影響を分離して扱い, PRTR排出量データを媒体別に考慮したことである。そして, 本方法をPRTR対象100物質の初期リスク評価結果により検証した結果, 優先度評点の高さと評価結果との対応関係が極めて良好であった。<BR>したがって, 本方法が優先順位付けだけでなく, プレ・スクリーニングの方法として有効であることが確認された。さらに, 本方法が単純な原理に基づき透明性の高いやり方で的確に評価結果を予測できることから, 簡易リスク評価手法として一般的に適用できるものと考える。

A pre-screening method was investigated to prioritize the chemicals specified by PRTR for the Initial Risk Assessment (IRA) in order to screen the chemical risk more efficiently. In this study, the prioritization of the chemicals was attempted by calculating the Priority Grade (PG) values, which were obtained by multiplying the hazard score by the exposure score derived from PRTR data. The PG values of PRTR chemicals were analyzed with the Pseudo-Risk Map, in which the hazard and the exposure scores were plotted against horizontal and vertical axis, respectively. The Pseudo-Risk Map showed that larger the PG values of the chemicals were, earlier in the order the IRA was conducted. In addition, the prioritization of the chemicals in terms of the ecological aspect was also achieved by omitting human health effects from the hazard score, and by utilizing only emission volumes to public water. Since PG values apparently being paralleled with the results obtained from IRA for 100 chemicals, the present study provides effective methodology not only for one of the priority setting but also for the pre-screening.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 16(4), 585-603, 2006-12-25

    Japan Society for Environmental Chemistry

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • 化学物質総合評価管理プログラム

    新エネルギー 産業技術総合開発機構

    「化学物質のリスク評価及びリスク評価手法の開発」プロジェクト基本計画, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    経済産業省

    特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の促進に関する法律, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    製品評価技術基盤機構

    PRTR対象化学物質総括管理表, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    製品評価技術基盤機構

    化学物質のリスク評価及びリスク評価手法の開発プロジェクト/平成17年度研究報告書 (新エネルギー 産業技術総合開発機構 委託事業), 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    SWANSON M. B. eds.

    Chemical ranking and scoring : Guidelines for relative assessments of chemicals, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    ECETOC (European Centre for Ecotoxicology and Toxicology of Chemical)

    Targeted Risk Assessment, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    BODAR C. W. M.

    Evaluation of EU risk assessments existing chemicals (EC Regulation 793/93), 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    環境省

    第一種指定化学物質総括表, 環境省PRTRインフォメーション広場, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    通商産業省化学品審議会

    特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善に関する法律に基づく第一種指定化学物質及び第二種指定化学物質の指定について (答申), 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    化学物質評価研究機構

    製品評価技術基盤機構 : 化学物質の初期リスク評価書 (新エネルギー 産業技術総合開発機構委託事業), 2006

    被引用文献1件

  • Environmental Hazards

    United Nations

    Globally harmonized system of classification and labelling of chemicals (GHS), 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    経済産業省

    特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善に関する法律第11条に基づく開示 (排出年度 : 平成13年度, 平成14年度, 平成15年度), 2004

    被引用文献1件

  • 生態毒性の急性毒性値と慢性毒性地の比較

    第2回厚生科学審議会化学物質制度改正検討会化学物質審査規制制度の見直しに関する専門委員会, 第9回産業構造審議会科学 バイオ部会化学物質管理企画小委員会, 第2回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査規制制度小委員会合同会議, 2002, 2002

    被引用文献1件

  • 化学物質の初期リスク評価手法の開発(1) : PRTRデータを活用した暴露評価手法の開発

    小谷 憲雄 , 平井 祐介 , 常見 知広 , 高久 正昭 , 松崎 寿 , 飛松 潤 , 佐渡友 秀夫 , 横山 泰一

    環境化学 : journal of environmental chemistry 16(1), 1-17, 2006-03-23

    J-STAGE 参考文献29件 被引用文献2件

  • 化学物質の初期リスク評価手法の開発(2) : PRTRデータを活用した化学物質の初期リスク評価

    平井 祐介 , 小谷 憲雄 , 伊藤 愛 , 松崎 寿 , 佐渡友 秀夫 , 高久 正昭 , 横山 泰一

    環境化学 : journal of environmental chemistry 16(1), 19-41, 2006-03-23

    J-STAGE 参考文献27件 被引用文献1件

  • Priority setting for exiting chemicals : European Union Risk Ranking Method

    HANSEN Bjorn G.

    Environmental Toxicology and Chemistry 18, 772-779, 1999

    被引用文献1件

  • Priority setting for exiting chemicals : Automated Data Selection Routine

    VAN HAELST Anniek G.

    Environmental Toxicology and Chemistry 19, 2372-2377, 2000

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018449776
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    8633105
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ