アルキルフェノール水溶液の塩素処理による Ames 変異原性ハロゲン化アルキルセミキノンの生成に及ぼす共存臭素イオンの影響 Effect of Coexistence of Bromide Ion on the Formation of Ames Mutagenic Halogenated Alkylsemiquinones during Chlorination with Hypochlorite of Aqueous 4-alkylphenol Solutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

臭素イオン共存下の4-<I>n</I>-アルキルフェノール水溶液を各種実験条件でモデル塩素処理した。それらの塩素処理液から得られたエーテル抽出物のGC/MS分析により, 酸性処理液中にハロゲン化アルキルフェノール, および強変異原1生物質のハロゲン化アルキルセミキノンの存在が示された。臭素イオン無添加の塩素処理に比べて, 臭素イオン共存の塩素処理はハロゲン化アルキルセミキノン生成能を約10倍高めることがわかった。4-<I>n</I>-アルキルフェノールのハロゲン置換反応, およびこれに続く酸化反応によるハロゲン化アルキルセミキノンの生成は, アルキル鎖の長さに加えて, 溶液のpH, 共存臭素イオン量および活性塩素量に強く依存することが分かった。

Aqueous 4-alkylphenol solutions were treated with hypochlorite at 20°C under various experimental conditions in the presence of bromide ion. GC-MS analysis of the diethyl ether extracts showed the occurrence of halogenophenols and storng mutagenic 2, 6-dihalogeno-4-hydroxy-4-alkylcyclohexa-2, 5-lien-l-ones (halogenoalkylsemiquinones) in the acidic chlorinated water contained bromide ion. Chlorinated waters, which were spiked with bromide ion, had up to ca. 10 times more potential halogenoalkylsemiquinone formation than waters without bromide ion. Formation of these substances in water was found to be dependent on the bromide contents, equivalents of hypochlorite to the compound and reaction pH values, in addition to the alkyl chain lengths on the phenol ring.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 16(4), 651-660, 2006-12-25

    Japan Society for Environmental Chemistry

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018449874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    8634107
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ