健常成人男性において上肢エルゴメーターを用いて測定した酸素摂取効率勾配の有用性 Usefulness of the Oxygen Uptake Efficiency Slope using an Upper Limb Ergometer for Healthy Male Subjects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大槻 桂右 OHTSUKI KEISUKE
    • 川崎医療福祉大学大学院 医療技術学研究科リハビリテーション学専攻博士後期課程 Doctoral Program in Rehabilitation, Graduate School of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare

抄録

本研究の目的は, 上肢エルゴメーターによる酸素摂取効率勾配(Oxygen Uptake Efficiency Slope: OUES)の有用性を検討することである。健常成人男性10名を対象に, 上肢エルゴメーターと下肢エルゴメーターによるOUESを測定した。その結果, 上肢エルゴメーターでのOUESは下肢エルゴメーターのOUESの84%であり, 有意に小さかった(p<0.05)。また最高酸素摂取量(peak VO<sub>2</sub>)との関係は, 上肢エルゴメーターが相関係数r= 0.90, 下肢エルゴメーターが相関係数r= 0.92であり有意な相関を認めた(p<0.05)。OUESとpeak VO<sub>2</sub>との相関係数は無酸素性作業閾値とpeak VO<sub>2</sub>との相関係数よりも大きかったことから, OUESを用いた上肢エルゴメーターによる運動耐容能評価の有用性が示唆された。<br>

The purpose of this study was to analyze the usefulness of the Oxygen Uptake Efficiency Slope (OUES) using upper limb ergometer. We measured the OUES for 10 healthy males using upper and lower limb ergometers. The results showed that the OUES of the upper limb is 84% of the lower limb's, and was significantly low (p<0.05). As for the relationship of peak VO<sub>2</sub>, the correlation coefficients of the upper limb and lower limb ergometers were r= 0.90 and r= 0.92, respectively, revealing significant correlation (p<0.05). From the result that the correlation coefficient between OUES and peak VO<sub>2</sub> is higher than that between anaerobic threshold (AT) and peak VO<sub>2</sub>, the usefulness of the specific activity scale by OUES obtained with an upper limb ergometer is suggested.

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 331-334, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018450783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641469
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ