臨床的体幹機能検査(FACT)の開発と信頼性 Development and Reliability of Functional Assessment for Control of Trunk (FACT)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

臨床的体幹機能検査(FACT: Functional Assessment for Control of Trunk)を開発し,信頼性を明らかにすることを目的とした。FACTは体幹にかかわるパフォーマンスの可否を判定するもので,10項目20点満点で構成されている。脳卒中者23例を対象として,理学療法士5名でペアを作り,別々にFACTを実施した。検者間信頼性について,合計点では級内相関係数(2,1),項目毎の合致率は%と κ係数を用いて検討した。内的整合性はクロンバックの α係数を用いた。合計点は検者間で高い信頼性を認めた(ICC(2,1)=0.96)。項目毎では87~100%の一致率が示され, κ係数は0.62~1で臨床導入が可能な信頼性を有することが示された。また,クロンバックの αは0.81であった。FACTは体幹機能をパフォーマンスによる得点尺度で捉えることができ,治療指向的な検査法の一つとして臨床,研究両分野での適用が期待される。<br>

We aimed to develop a Functional Assessment for Control of Trunk (FACT), and determine its reliability in this study. FACT judges the trunk performance and consists of 10 items with a full score of 20. Five physical therapists arranged in pairs, separately performed FACT for 23 cerebrovascular accident patients. We studied the inter-rater reliability of total scores with intra-class correlation coefficient (2,1), and analyzed the adjustment rate per item with percentages and κ coefficients. We used Cronbach's α for internal consistency. High inter-rater reliability (ICC(2,1)=0.96) was found for the total score. The agreement rate for each item ranged from 87-100%, κ coefficients 0.62-1, showing sufficient reliability for clinical introduction; Cronbach's α was 0.81. FACT is able to assess trunk function through a points measure of performance, and its application in clinical settings and research as a treatment-oriented test method is anticipated.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 357-362, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018450859
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641671
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ