ひずみゲージを用いた足把持力測定器の開発 Development of a Strain Gauge Based Foot-Gripping Force Meter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村田 伸 MURATA SHIN
    • 姫路獨協大学 医療保健学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, Faculty of Health Care Science, Himeji Dokkyo University
    • 甲斐 義浩 KAI YOSHIHIRO
    • 医療福祉専門学校緑生館 理学療法学科 Department of Physical Therapy, Technical School of Medical and Welfare Ryokuseikan

抄録

本研究は,筆者らが開発した足把持力測定器とその測定器から得られる計測データについて紹介した。本測定器は,ひずみゲージを用いることによって,最小0.1 kgからの足把持力と足把持力の最大値到達時間が計測できる。計測データの紹介は,健常成人男性16名(平均年齢22.3±5.5歳)の左右32肢を対象に行った。対象者の足把持力は平均17.4±4.5 kgであり,最大値到達時間は0.66±0.26秒であった。また,測定値の再現性は,足把持力がICC = 0.953,最大値到達時間がICC = 0.723であり,臨床場面での使用に十分に耐え得る再現性を有することが示唆された。<br>

Here, we report on foot-gripping force meter developed by the authors and the measurement data from the apparatus. The apparatus uses a strain-gauge to measure the time taken for the foot-gripping force to rise from a minimum of 0.1 kg to the maximum. Data was obtained for 32 legs of 16 healthy adult men (mean age 22.3 ± 5.5 years). The average foot-gripping force was 17.4 ± 4.5 kg and the average time taken to reach the maximum was 0.66 ± 0.26 seconds. With regard to measurement reproduction, foot-gripping force had an ICC=0.953, and the time taken to reach the maximum was ICC=0.723, suggesting that they have adequate reproducibility for application in the clinical setting.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 363-367, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  17件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018450882
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641722
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ