筋力負荷が酸化ストレス度に及ぼす影響について The Effects of Muscle Stress on Oxidative Stress

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

異なる筋収縮様式(等張性負荷と等尺性負荷)による筋力負荷が酸化ストレス度に及ぼす影響について,健康成人31例(平均22.9±3.4歳)で検討した。酸化ストレス度は活性酸素・フリーラジカル分析装置を使用し,安静時と負荷終了直後の計2回指尖より採血し,hydroperoxide濃度を光学計測法により計測した。筋力負荷はJAMARハンドダイナモメータを用いて,右手に対して等張性負荷と等尺性負荷によるハンドグリップ運動を実施した。その結果,酸化ストレス度は,等尺性と等張性負荷共に安静時と負荷後を比較すると有意差を認めなかった。一方,血圧や心拍数は,等尺性と等張性負荷共に負荷中では,安静時と比較すると有意な増加を認めた(いずれもp<.001)。このことから,等尺性と等張性負荷共に血圧や心拍数の増加があっても,酸化ストレス度は変化のないことが示された。<br>

The effect of muscle stress caused by isotonic exercise and isometric exercise on oxidative stress was examined. A hand-grip exercise was carried out with the right hand, using a hand-dynamometer. Thirty-one healthy volunteers with no past history of medication were recruited for this study. A free radical analytical system was used to measure oxidative stress (hydroperoxide consistency), and blood specimens were collected from a finger tip under two conditions: 1) at rest, and 2) immediately after completion of the test. No significant difference was seen in oxidative stress under these two conditions. However, blood pressure and heart rate showed significant increases for both isotonic exercise and isometric exercise, compared with the rest period (both p<.001). This indicates that there was no change in oxidative stress even with an increase in blood pressure and heart rate for both isotonic exercise and isometric exercise.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 375-379, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018450910
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641757
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ