慢性期脳卒中片麻痺患者の6分間歩行における歩行速度の違いによるエネルギー消費について Study of Walking Ability and Energy Consumption in Chronic Stroke Hemiplegia Patients in 6-minute Walking : Difference in Optimal Walk and Fastest Walk

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 前田 慶明 MAEDA NORIAKI
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンター リハビリテーション中央病院理学療法科 Department of Physical Therapy, Hyogo Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Independent Living Training Center
    • 東 祐二 AZUMA YUJI
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンター リハビリテーション中央病院理学療法科 Department of Physical Therapy, Hyogo Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Independent Living Training Center
    • 米井 聡 [他] YONEI SATOSHI
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンター リハビリテーション中央病院理学療法科 Department of Physical Therapy, Hyogo Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Independent Living Training Center
    • 奥山 聡 OKUYAMA SOU
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンター リハビリテーション中央病院理学療法科 Department of Physical Therapy, Hyogo Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Independent Living Training Center
    • 加藤 順一 KATO JUNICHI
    • 兵庫県立総合リハビリテーションセンター内科 Department of Internal Medicine, Hyogo Rehabilitation Center Hospital

抄録

短下肢装具を装着した慢性期脳卒中片麻痺者12名を対象に6分間歩行を施行し,歩行速度の相違が歩行能力ならびに歩行時エネルギー消費に及ぼす影響について検討した。最適および最速歩行において歩行距離・歩行速度・歩行時の酸素消費量(VO<sub>2</sub>)および心拍数(HR)を測定した。歩行時の運動エネルギー効率として1 mあたりのVO<sub>2</sub>とPhysiological Cost Index(PCI)を算出した。その結果,歩行距離・歩行速度・VO<sub>2</sub>およびHRは,最適歩行と比較して最速歩行において有意に高値を示した。また,最速歩行において1 mあたりのVO<sub>2</sub>は有意に低値を示したが,PCIは変化を認めなかった。これらより脳卒中片麻痺者において歩行速度により歩行時エネルギー消費が変化することから歩行時の運動エネルギー効率を考慮した歩行訓練の指導が必要であると考えられた。<br>

In this study, we performed 6-minute walking for 12 chronic stroke hemiplegia patients with ankle foot orthosis, and analyzed the influence of the gait velocity difference on walking ability and energy consumption. We measured the walking distance, gait velocity, oxygen consumption (VO<sub>2</sub>) and heart rate (HR) on walking at optimal and the fastest speeds. As exercise energy efficiency, VO<sub>2</sub> per meter and Physiological Cost Index (PCI) were calculated. Walking distance, gait velocity, VO<sub>2</sub> and HR at the fastest speed showed significantly higher values than those at the optimal speed. Furthermore, VO<sub>2</sub> per meter was significantly lower value at the fastest speed, but there was no difference in PCI. From these results, walking energy consumption of stroke hemiplegia patients changes with gait velocity, therefore it is thought that walking instruction taking into consideration exercise energy efficiency is important.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 393-397, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018450956
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641830
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ