重量の漸増及び漸減的負荷に対する肘関節筋の筋出力調節 Muscle Force Control of Elbow Flexor Muscles in Relation to Gradual Increase and Decrease of Weights

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,重量の漸増および漸減に対する肘関節筋の筋出力調節を筋電図を用いて明らかにすることである。対象は健常男性7名。課題は,20秒間の漸増・漸減的負荷に対して,肘関節屈曲90度を等尺性に保持するものである。上腕二頭筋および腕橈骨筋それぞれの課題開始時から終了時までの1秒毎の筋積分値を求め,重量と回帰分析を行った。結果,両筋の筋活動は,重量と高い相関を示し,負荷変動に対応したものであった。両筋活動の時系列変化は,両者が相互に平行して変化するパターンが大部分を占めた。しかし,一部の被験者において,相補的に変化するパターンが認められた。すなわち,一方の筋活動が増加すれば,他方は相対的に減少するパターンを示した。この特殊な活動パターンから,両筋間における代償の可能性が考えられた。また,二つの活動パターンが認められたことから,単関節運動であっても,その収縮様式には複数の自由度が存在することが示唆された。<br>

The purpose of this study was to examine the muscle force control of elbow flexor muscles in relation to gradual increase and decrease of weights. Seven healthy male subjects participated in the study. While the elbow of the subjects was flexed at 90 degrees, weights were applied to the palmar surface and the position was maintained in an isometric fashion. The muscle activities of the biceps brachii muscle and brachioradial muscle were recorded while the weight was increased or decreased gradually. The results of the experiment showed a strong correlation between the muscle activities of both muscles and the weight. Two changing patterns were observed during the experiment in the activities of both muscles: reciprocation and complementation. These results reveal that the muscle activities of both muscles correspond to changes in weight. Furthermore, they suggest that, even in a single joint movement, the contraction pattern among synergistic muscles has compensation and degrees of freedom.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 399-404, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018450976
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641861
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ