抵抗構成運動による歩行能力の改善 : 整形外科疾患患者に対するアプローチ Improvement of Gait Ability by Resistive Component Movement : Approach for Orthopedics Disease Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 仁 SATO HITOSHI
    • 埼玉医療福祉専門学校 理学療法学科 Department of Physical Therapy, Saitama Medical Welfare College

抄録

本研究は,整形外科疾患患者(以下整形患者)に対し抵抗構成運動を施し,歩行能力向上に関して検討した。対象は,介入目的を説明し同意を得た歩行自立レベルの高齢者7名(男性3名,女性4名)であり,中枢性運動麻痺および認知症を既往とする者は除外した。方法は,両膝関節への抵抗構成運動を同一検者で10回2セット実施し,アプローチ前後の歩行能力について検討した。結果,歩幅と歩行率,歩行速度がそれぞれ向上し,整形患者に対する抵抗構成運動の有用性が示唆された。<br>

In this study, we performed the resistive component movement for orthopedics disease patients and analyzed the improvement of gait ability. The subjects were 7 older people (3 men and 4 women) who were explained the purpose of this intervention and consented to it. We excluded patients who had previous clinical history of central motor paralysis or dementia. Resistive component movement on both knee joints was performed by the same assessor 10 times in 2 sets, and the gait ability before and after the approach was studied. Step length, walking rate and walking speed were improved suggesting the effectiveness of resistive component movement for orthopedics disease patients.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 411-415, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451019
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641911
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ