高齢期のライフスタイルと運動能力, 生活機能の関連 : 奄美大島における事例 The Relationship of Lifestyle, Motor Ability and Functional Capacity in Old Age

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この研究の目的は,高齢期におけるライフスタイルと運動能力および生活機能の関連を明らかにすることである。測定に参加したのは奄美大島笠利町在住の高齢男女116名(平均年齢:78.1歳)で,ライフスタイルに関する22項目,運動能力に関する3項目,生活機能に関する13項目について調査,測定をした。分析の結果,ライフスタイルと運動能力,生活機能,主観的健康感とは相互に有意な関連が認められた。この結果は,ライフスタイルは運動能力や生活機能に規定されているとともにライフスタイルの改善が高齢期における運動能力や生活機能の低下を予防し,サクセスフル・エイジングの促進につながることを示唆している。<br>

This paper investigated the relationship of lifestyle, motor ability and functional capacity based on the data obtained from community dwelling elderly persons in Kasari, Amami Island, Japan. The number of elderly men and women participaing in the study was 116 (average age: 78.1 years). The number of measurement items was 22 for lifestyle, 13 for functional capacity and 3 for motor ability. The results of the analysis indicate that lifestyle, motor ability, functional capacity and health perception are significantly correlated with each other. These results suggest that improvement of lifestyle in old age is considerably effective for preventing declines in functional capacity and motor ability, and for promoting successful aging.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 421-426, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451059
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641937
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ