頚部振動刺激による残存効果が起立動作の重心位置に与える影響 Influence of Residual Effects following Neck Vibration Stimuli on Displacement of Center of Gravity during Standing Movement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 越智 亮 OCHI AKIRA
    • 星城大学 リハビリテーション学部理学療法学専攻 Division of Physical Therapy, Faculty of Care and Rehabilitation, Seijoh University
    • 坂野 裕洋 BANNO YASUHIRO
    • 星城大学 リハビリテーション学部理学療法学専攻 Division of Physical Therapy, Faculty of Care and Rehabilitation, Seijoh University
    • 金井 章 [他] KANAI AKIRA
    • 星城大学 リハビリテーション学部理学療法学専攻 Division of Physical Therapy, Faculty of Care and Rehabilitation, Seijoh University
    • 森岡 周 MORIOKA SHU
    • 畿央大学 健康科学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, Faculty of Health Science, Kio University

抄録

立位で頚部に振動刺激を与えると,頚部固有受容器からの感覚変化が生じることで頭部位置の混乱を引き起こし,自己中心参照枠が変更され,姿勢変化が生じるとされている。本研究の目的は,健常者を対象に頚部振動刺激の介入を行い,その残存効果によって起立動作の身体重心変位が生じるかどうか,被験者の内省報告と三次元動作解析装置,および床反力計を用いて検証することである。計測は,座位で頚部後方へ振動刺激を1分間与え,被験者に頚部前屈の運動錯覚を生じさせた後,起立動作とそれに伴う重心変位を記録した。その結果,起立動作における重心位置の前方変位が生じ,さらに6分後までその重心前方変位が確認された。振動刺激によって誘発される,頚部固有受容器からの継続された感覚変化が起立動作後の重心位置に影響を及ぼすと結論した。<br>

By added vibration stimuli on the neck while standing, it is said that the sensory shift from cervical proprioceptive organ causes disorder of head position, changes the viewer-centered reference frame and induces posture change. The purpose of this study was to examine whether the shift of center of gravity occurs by the residual effect after intervention of neck vibration stimuli on healthy people through subjects' intro spection self reports, a three dimensional motor analysis set and a force plate. The subjects were given vibration stimuli on the rear neck in the sitting position to induce kinesthetic illusion of neck flexion, and the displacement of center of gravity was recorded duting standing movement. The forward shift of center of gravity occurred in the standing movement, and the forward shift existed for up to 6 minutes. We conclude that the continuing sensory shift induced by vibration stimuli from cervical proprioceptive organ influenced the center of gravity after the standing movement.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 427-432, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451070
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8641951
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ