音楽家の身体症状とその対処法 : 音楽家へのアンケート結果より Musician's Injuries and Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 齋藤 里果 SAITO NORIKA
    • 国際医療福祉大学保健学部 理学療法学科 Department of Physical Therapy, International University of Health and Welfare
    • 秋山 純和 AKIYAMA SUMIKAZU
    • 国際医療福祉大学保健学部 理学療法学科 Department of Physical Therapy, International University of Health and Welfare

抄録

本研究は,国内の職業音楽家の身体的症状・治療状況・治療効果を調査することを目的として,延べ138名にアンケートを行い81名の有効回答を得た。内69名(85%)は何らかの身体症状を持ち,40名(有症状者の58%)は治療を受けたことがあると回答した。治療経験者のうち33名(83%)は鍼灸院・整体院またはカイロプラクティック院など,いわゆる治療院を利用しており,治療にマッサージが最も多く用いられていた。しかし,症状が完全に回復したと回答したのはわずか4%で,90%以上の対象者は完全治療に至っていないという結果になった。欧米では施術とともに,医師による医学的治療や理学療法士による身体トレーニング指導など音楽家のための医療が積極的に行われている事から,今後日本でも医療・リハビリテーション分野での治療,研究が必要であると考える。<br>

The purpose of this research was to investigate musician related injuries, treatments, and the therapeutic responses for musicians in Japan. Methodology: Anonymous questionnaire on aspects of musical habits were distributed to 138 musicians. Eighty-three of them were returned (60% response rate), and 81 were usable. Results: Sixty-nine (85%) people had some kind of body disorder, and forty (58%) people had received treatment. Among those 40 people, 83% of them, received treatment at a practitioner clinic. The most common method of treatment was quasi-medical practice, such as massage, manipulative, acupuncture and chiropractic. However, only 4% had recovered completely.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 447-451, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451141
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8642030
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ