音楽療法の紹介 Introduction of Music Therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 齋藤 里果 SAITO NORIKA
    • 国際医療福祉大学保健学部 理学療法学科 Department of Physical Therapy, International University of Health and Welfare

抄録

音楽療法は近年医療・福祉において急速に発展し,現在音楽療法士が全国2300以上の病院,施設で活動しているといわれる。音楽療法とは音楽を聴取すること・演奏することによる心身に及ぼす効果を利用し,小児から高齢者,精神障害から身体障害と広範な対象者に対応することができる。現在ノルウェー,カナダ,オーストラリア等ではコメディカルとして医療に携わっている。国内でも音楽療法士の需要は増えており,今後福祉,医療現場で共に働く可能性は高いと考える。そこで今回,音楽療法について調べたので紹介したい。<br>

Music therapy has rapidly progressed in recent years as a method of medical treatment in Japan. No less than 2,300 music therapists work in medical and welfare institutions. Music has tremendous effects on the improvement of conditions of people with mental illness and physical disorders. It can be used for children and elderly persons. Music therapists work in a medical team at hospitals as co-medicals in Norway, Canada and Australia. Demand for music therapy is still increasing in Japan. Therefore, physical therapists will most probably work with music therapists in the near future. In this paper, I report my findings on the practise of music therapy.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(4), 453-457, 2006-11-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451151
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8642083
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ