植物ウイルスの感染と宿主因子 Host factors and its relevance to virus infection in plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 植物ウイルスの感染は,複製あるいは細胞間移行の際にウイルスタンパク質が利用する宿主因子との相互作用が可能か否かでまず決定される.たとえウイルス感染が成立しても,その後に宿主が防御応答を起こすと感染の継続あるいは拡大は阻止される.ウイルス増殖を巡って植物がどのようにしてウイルス感染と関わりあっているか,宿主因子からゲノムまで発展させて考えたい.また,防御応答において機能する宿主因子解析から,植物の病原体応答機構と動物の自然免疫機構との類似性も示唆されており,今後,領域をこえた研究交流を期待したい.

Virus infection is established when viral proteins can interact with host factors to execute replication and/or cell-to-cell movement. Even after the virus infection has started, host resistance reactions, if trigged, would suppress further virus propagation. We would like to introduce what we understand about host factors as determinants of infection establishment and as key resistance molecules. Genome-wide information of Arabidopsis is providing us much information about such host factors involved in virus infection.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 155-164, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  53件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451819
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630542
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ