コロナウイルスの細胞侵入機構 : 病原性発現との関連 Cell entry mechanism of coronaviruses : Implication in their pathogenesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田口 文広 TAGUCHI Fumihiro
    • 国立感染症研究所ウイルス第3部第5室 Division of Viral Respiratory Diseases and SARS National Institute of Infectious Diseasses

抄録

 コロナウイルスにはヒト,家畜,実験動物など様々な動物に感染するウイルスが知られている.その中で,マウス肝炎ウイルス(MHV)はマウスに急性致死性肝炎,脱随性脳脊髄炎などを引き起こし,ヒトの疾患モデルとして研究が進んでいる.一方,SARSコロナウイルス(SARS-CoV)は重症急性呼吸器症候群(SARS)の病原体であり,2003年に発見された新しいウイルスだが,医学的インパクトの強さから発見以来精力的に研究が進められ,現在最も解析が進んでいるコロナウイルスの一つである.両ウイルスの受容体は同定され,ウイルスの受容体結合や細胞侵入機構について研究が進められている.最近の研究から,これらのウイルスは異なる経路で細胞内に侵入することが分かってきた.本稿では,両ウイルスの細胞侵入機構について概説し,細胞侵入機構のウイルスの病原性発現への関与について紹介する.

Coronaviruses infect many species of animals, including humans. Among them, murine coronavirus, mouse hepatitis virus (MHV) has been well studied as a model of human diseases, such as hepatitis and demyelinating disease. An agent causing severe acute respiratory disease (SARS), SARS coronavirus (SARS-CoV), is a newcomer in this genus, however, it is now one of the most studied coronaviruses due to its medical impact. The receptors of those two viruses have been identified and their cell entry mechanism has been actively investigated. Recently, SARS-CoV cell entry mechanism is shown to be different from that of other enveloped viruses, including MHV. In this review, cell entry mechanism of those two viruses is described, stressing on the difference and similarity found between those two viruses.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 165-172, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451873
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630547
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ