ヒト・メタニューモウイルス Human metapneumovirus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 ヒト・メタニューモウイルス(human metapneumovirus: hMPV)は,2001年に発見されたウイルスで,パラミクソウイルス科,ニューモウイルス亜科,メタニューモウイルス属に分類された.hMPVの遺伝子は,8個の遺伝子を持ち,N-P-M-F-M2-SH-G-Lの遺伝子配列を示す.hMPVのアミノ酸配列は,トリに感染するトリ・ニューモウイルスに最も類似している.ヒトのウイルスの中で遺伝子が一番類似しているウイルスは,臨床症状も似ているRSウイルスである.hMPVは,2つのグループ,さらにそれぞれ2つのサブグループに分れる.ウイルス表面には,F, G, SH蛋白が存在する.血清中に存在するhMPVに対する主な抗体は,F蛋白に対する抗体で,中和活性を持ち,2つのグループ間に交差反応性がある.ウイルス性の呼吸器感染症の中で小児では5~10%,成人では2~4%は,hMPVが原因と推測されている.乳幼児で喘鳴をきたす急性呼吸器感染症の原因ウイルスであることが多く,乳幼児,高齢者,免疫不全状態の患者では重症化の危険がある.本邦における流行のピークは,春である.再感染を防ぐための十分な終生免疫が一回の感染では得られず,幼小児期においても何度も再感染を受け症状を呈する.診断は,現在RT-PCRによるhMPV RNAの検出が最も感度が高い検査法である.

Human metapneumovirus (hMPV), first isolated in the Netherlands in 2001, is a member of the genus Metapneumovirus of the sub-family Pneumovirinae of the family Paramyxoviridae. The genomic organization of hMPV is 3'-N-P-M-F-M2-SH-G-L-5'. hMPV resembles the sole member of this genus, avian pneumovirus. hMPV is the most closely related human pathogen to respiratory syncytial virus. Phylogenetic analysis of the nucleotide sequences indicated that there were two genetic groups. Furthermore, each group could be subdivided into two subgroups. hMPV encodes three surface proteins, F, G and SH proteins. The majority of antibodies to hMPV in serum were antibody against F protein, which mediates cross-group neutralization and protection. The incidences of hMPV-associated respiratory infection estimate 5 to 10% in children and 2 to 4% in adults. hMPV generally causes upper respiratory tract infection and flu-like illness, the virus can be associated with lower tract infections, such as wheezy bronchitis, bronchitis, bronchiolitis and pneumonia, in very young children, elderly persons, and immunocompromised patients. hMPV has a seasonal peak during the spring in Japan. Reinfection with hMPV frequently occurs in children, implying that the host immune response induced by natural infection provides incomplete protection. The RT-PCR test is the most sensitive test for detection of hMPV.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 173-182, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  68件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451905
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630552
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ