分節2本鎖RNAウイルスにおけるリバースジェネティクス系 : ロタウイルスにおけるリバースジェネティクス系の開発 Establishment of a reverse genetics system for rotavirus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 河本 聡志 KOMOTO Satoshi
    • 藤田保健衛生大学医学部ウイルス・寄生虫学講座 Department of Virology and Parasitology, School of Medicine, Fujita Health University
    • 谷口 孝喜 TANIGUCHI Koki
    • 藤田保健衛生大学医学部ウイルス・寄生虫学講座 Department of Virology and Parasitology, School of Medicine, Fujita Health University

抄録

 ロタウイルスは,11本の2本鎖RNA(dsRNA)分節をゲノムとして保有するウイルスであり,最も主要な下痢症ウイルスである.リバースジェネティクス系はウイルスゲノムへ任意の変異を導入することで,ウイルスを自由に設計し作製することができ,遺伝子の機能や病原性を理解する上で最も強力な手法である.しかしながら,ロタウイルスを含む10~12本のdsRNA分節をゲノムとするレオウイルス科では,そのゲノム構造の複雑さから開発は長い間,困難を極めていた.しかし,ごく最近,我々は効率がまだ不十分ではあるが,ロタウイルスにおけるリバースジェネティクス系の開発に成功した.ここでは,前半部分で,開発の基礎となったロタウイルスの増殖様式に関する最近の知見をまとめ,後半部分では,分節dsRNAウイルスにおけるリバースジェネティクス系開発の背景と経緯について,ロタウイルスの系も含めてまとめてみたい.

The rotavirus genome is composed of 11 segments of double-stranded RNA (dsRNA). Rotavirus is the leading etiological agent of severe gastroenteritis in infants and young children worldwide. Reverse genetics is the powerful and ideal methodology for the molecular study of virus replication, which enables the virus genome to be artificially manipulated. Very recently, we developed the first reverse genetics system for rotavirus, which enables one to generate an infectious rotavirus containing a novel gene segment derived from cDNA. In this review, we describe each steps of rotavirus replication to understand the background to the establishment of a reverse genetics system for rotavirus, and summarize the reverse genetics systems for segmented dsRNA viruses including rotavirus.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 183-192, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  85件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018451974
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630561
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ