EBウイルスによる発癌機構 Mechanisms of EBV-mediated oncogenesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩切 大 IWAKIRI Dai
    • 北海道大学遺伝子病制御研究所 癌ウイルス分野 Department of Tumor Virology, Institute for Genetic Medicine Hokkaido University
    • Mrinal Samanta SAMANTA Mrinal
    • 北海道大学遺伝子病制御研究所 癌ウイルス分野 Department of Tumor Virology, Institute for Genetic Medicine Hokkaido University
    • 高田 賢蔵 TAKADA Kenzo
    • 北海道大学遺伝子病制御研究所 癌ウイルス分野 Department of Tumor Virology, Institute for Genetic Medicine Hokkaido University

抄録

 EBウイルス(EBV)は様々な癌との関連が知られているDNA腫瘍ウイルスである.癌細胞内においてEBVは潜伏感染を維持しており,発現するウイルス遺伝子の種類により潜伏感染様式は1型から3型に分けられる.EBVはBリンパ球をトランスフォーム(不死化)し,すべての潜伏感染遺伝子が発現する3型感染のリンパ芽球様細胞株(LCL)とする活性をもつが,その機構は免疫不全状態での日和見リンパ腫などの発生のモデルとも考えられている.一方1型や2型の癌では遺伝子発現が限定されるが,これまでの研究により核抗原EBNA1,膜蛋白質LMP1やLMP2Aなどの発癌に関わる機能が明らかとされ,また我々は小RNAであるEBERが発癌において重要な役割を果たしていることを明らかにした.本稿では最近までに明らかにされているEBVによる発癌の分子機構について概観する.

Epstein-Barr virus (EBV) is the DNA tumor virus, which is known to be relevant to various cancers. EBV maintains latent infection in cancer cells, and there are three types of latent infection (type I-III) according to the patterns of viral latent genes expression. EBV has the ability to transform B cells into immortalized lymphoblastoid cell lines (LCL) showing type III latency, in which all latent genes are expressed. The mechanism of B-cell transformation has provided a model of EBV-associated lymphomas in immunosuppressed individuals. In type I and II latency, the limited numbers of latent genes are expressed. Previous studies have demonstrated the oncogenic functions of latent EBV genes including nuclear antigen EBNA1, membrane protein LMP1 and LMP2A. In addition, we have demonstrated that EBV-encoded small RNA EBERs play a significant role in oncogenesis. Here we summarize recent progresses in the studies on molecular mechanisms of EBV-mediated oncogenesis.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 201-208, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  54件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452069
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630579
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ