KSHVと発がん Kaposi's Sarcoma-associated Herpesvirus and mechanisms of oncogenesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤室 雅弘 FUJIMURO Masahiro
    • 北海道大学大学院薬学研究院 生化学研究室 Departments of Biochemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Hokkaido University

抄録

 カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス(KSHV)は,AIDS関連のカポジ肉腫や原発性体腔液性リンパ腫,キャッスルマン病において高頻度に検出される.さらに,KSHV遺伝子がコードする遺伝子産物は細胞増殖亢進,抗アポトーシス,トランスフォーム活性を有するものが多く,KSHVと発がんとの深い関連が明らかにされている.細胞内シグナル伝達は,正常の細胞にとって細胞増殖,分化,発生に必須の機構である.KSHVは宿主のシグナル伝達をうまく利用し,ウイルスにとっての好環境を細胞内で構築する.本稿ではKSHVにより標的とされるWntシグナルやNotchシグナルに焦点を当て,ウイルス蛋白質による細胞性シグナル伝達の模倣(mimicry)や操作(manipulation)とそのアウトプット(発がんに関わる機能やウイルスのライフサイクルの制御)について解説する.

Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus (KSHV, also known as human herpesvirus 8), is well known to be responsible for Kaposi's sarcoma, the most common AIDS-related cancer. KSHV is also associated with the B cell malignancies primary effusion lymphoma and multicentric Castleman's disease. Cellular signaling pathways regulate the proliferation and differentiation during normal development and a small number of signaling pathways are involved in tumors. KSHV utilize those pathways, such as pRb-E2F, Wnt and Notch pathways, to promote driving of cell cycle and to regulate their own life-cycles (i.e., latency and lytic cycle). This review focuses on signaling pathways which KSHV gene products manipulate and discusses their contributions to tomorigenesis and regulation of viral life-cycles.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 209-218, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  47件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452124
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630585
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ