HCVによる肝癌発症機序 Pathogenesis of the Hepatocellular Carcinoma Associated with Hepatitis C Virus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 土方 誠 HIJIKATA Makoto
    • 京都大学ウイルス研究所がんウイルス研究部門ヒトがん研究分野 Laboratory of Human Tumor Viruses Department of Viral Oncology Institute for Virus Research, Kyoto University

抄録

 C型肝炎ウイルス(HCV)は肝細胞癌(HCC)の主要な原因因子のひとつとして知られている.HCV感染による慢性肝炎がこのHCVが関連したHCCの発症に大きな要因である可能性が考えられているが,このHCCの発症機序はまだ完全に解明されてはいない.いくつかのHCV遺伝子産物には培養細胞を形質転換する活性があることが示されており,それらのタンパク質を外来性に培養細胞に発現させることにより,発癌に関連した細胞内のシグナル経路に変化が生じるという結果が得られている.また.これらのHCVタンパク質の中でコアタンパク質(コア)を発現するトランスジェニックマウスの中からは,比較的長い飼育の後,明確な肝炎症状なしに脂肪肝とHCCを発症するマウスが出てくることも報告されている.そこで細胞内の様々な事象の変化に対するコアの機能について広範囲に研究されている.ここではそうしたHCVに関連したHCCの発症機構に関する研究の進展状況について概説したい.

Hepatitis C virus (HCV) is known as one of major causative agents of hepatocellular carcinoma (HCC) in the world. The pathogenesis of HCC associated with HCV, however, has not been fully elucidated yet, although the chronic inflammation induced by HCV infection is considered to contribute greatly to the HCC development. Some HCV gene products have been shown to possess transformation activities in cultured cells. Several oncogenic signal pathways in the cells were modulated by the exogenous expression of the HCV proteins. A few lines of the transgenic mice producing the core protein among those products was also reported to develop liver steatosis and HCC without apparent inflammation after rearing for a relatively long period. So, the functions of the core on the modulation of cellular events have been extensively examined and characterized. Here, I would summarize the progress of the research for the pathogenesis of HCC associated with HCV.

収録刊行物

  • ウイルス  

    ウイルス 56(2), 231-240, 2006-12-22 

    日本ウイルス学会

参考文献:  53件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452238
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    8630599
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ