P53/P21経路におけるRad9の役割と頭頸部癌への関与 THE ROLE OF RAD9 IN HEAD AND NECK CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

細胞内でDNAの複製阻害やDNA損傷が生じると,チェックポイントが活性化されて細胞周期抑制と損傷修復,あるいはアポトーシスへと導かれる。Rad9はDNA損傷のチェックポイントに関与する蛋白質で,DNA損傷の認識,DNA修復,アポトーシス等にも役割を演じる。今回我々はp53による<I>P21</I>の転写調節におけるRad9の直接関与を検討した。非癌細胞ではRad9とp53の結合は紫外線照射により増加した。Rad9のC末端でのリン酸化は両者の結合に影響しないがRad9と結合したp53のリン酸化はDNA損傷に応じて変化した。また上顎洞扁平上皮癌細胞株ではRad9の強発現とp21の発現抑制を認めた。以上よりRad9はp53と結合してDNA損傷に応じた細胞周期調節を行う一方,癌細胞では遺伝子増幅によりRad9が過剰発現し,<I>TP53</I>遺伝子に変異がない場合もp21の発現異常とチェックポイント応答の異常を来すことが示唆された。

In response to replication perturbation or damage of DNA, cell-cycle checkpoint is activated, which leads to mutually exclusive, two consequences: cell cycle arrest and repair of damaged DNA, or induction of apoptosis. Although previous studies have suggested that a checkpoint molecule, human Rad9, is involved in the process, the exact mechanism remains to be investigated. Here, we studied the role of Rad9 in DNA damage response through the tumor suppressor p53 pathway. Rad9 bound specifically to a p53-consensus DNA-binding sequence in the <I>P21</I><SUP>WAF1</SUP> promoter, which increased after exposure to UV. The immunoprecipitation and in vitro binding assay indicated p53 associated with Rad9 regardless of phosphorylation status. Taken together with the assessment of immunohistochemistry showing overexpression of Rad9 in head and neck squamous cell carcinoma cell line, the present study demonstrates overexpression of Rad9 leads to dysregulation of checkpoint response after DNA damage occurs in head and neck cancer.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会  

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(4), 417-422, 2006-12-25 

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452628
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ