早期声門癌に対する放射線治療後の局所再発例の検討 EVALUATION OF RADIATION-FAILURES IN EARLY GLOTTIC CARCINOMA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

早期喉頭癌の放射線治療非制御例に対し,救済治療,喉頭保存率,生存率などを検討した。対象は1988年から2002年に根治的放射線治療を行なった早期声門癌186例(T1:135例,T2:51例)のうち,照射非制御例33例とした。すべて男性で,年齢は52歳から81歳,平均66歳であった。放射線非制御率は,T1が12.6%,T2が31.4%であった。rT2症例にはほとんど全例に喉頭全摘が行われており,喉頭部分切除はなかった。5年喉頭保存率は全体で21.6%であり,rT1は66.7%,rT2は16.7%であった。死因特異的5年生存率はrT1が75%,rT2が100%,rT3以上が33.3%であった。照射非制御例の喉頭保存率は低く,これを向上させるにはrT2症例に対し,どれだけ喉頭部分切除術ができるかにかかっていると思われた。そのためにはより厳重な定期診察を行ない,再発癌の早期発見が必要と思われた。

<I>Background:</I> This study was undertaken to analyze salvage treatment, larynx conservation rates and survival rates in radiation-failures of early glottic carcinoma.<BR><I>Methods:</I> From 1988 to 2002, 186 patients with previously untreated T1 (135 patients) and T2 (51 patients) glottic carcinoma were treated by radiotherapy. Radiation-failures occurred in 33 patients (local rest in 5 patients, and local recurrence in 28 patients). All patients were male with an average age of 66 years, ranged from 52 to 81.<BR><I>Results:</I> Radiation-failure rate was 12.6% in T1 (17 of 135 patients) and 31.4% in T2 (16 of 51 patients) cases. The salvage treatment at rT2 stage after radiotherapy was total laryngectomy, but no one underwent partial laryngectomy. The 5-year larynx conservation rate after radiation-failure was 21.6% (66.7% in rT1, 16.7% in rT2, and 0% in rT3-4). The 5-year survival rate was 75% in rT1, 100% in rT2, and 33.3% in rT3-4.<BR><I>Conclusion:</I> In order to improve the 5-year larynx conservation rate, it is important to try partial laryngectomy in patients with rT2-stage glottic carcinoma. More careful follow-up is necessary for patients to detect recurrent carcinoma in the early stage.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会  

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(4), 459-463, 2006-12-25 

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452752
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ