経口腔法による側壁型中咽頭癌の手術治療 : Transoral Lateral Oropharngectomy について A TRANSORAL APPROACH FOR SQUAMOUS CELL CARCINOMA OF THE LATERAL WALL OF THE OROPHARYNX : TRANSORAL LATERAL OROPHARYNGECTOMY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中咽頭は構音,嚥下,呼吸などの重要な機能を有している。したがって中咽頭癌の治療に際しては,局所の解剖と機能を理解し,病変の局所進展や頸部リンパ節転移などの特徴を含めQOL(quality of life)に配慮した適切な治療法を選択する必要がある。経口腔法による側壁型中咽頭癌の手術治療であるTransoral lateral oropharyngectomy(以下,TLO)の適応や手術手技について報告する。術前診断では視診と触診を用いて病変の範囲を十分に把握し,CTやMRIなどの画像診断を用いて深部浸潤と内頸動脈などの重要臓器との関係を診ることが重要である。手術においては良好な視野を保ち,内側翼突筋や副咽頭間隙の脂肪織などの解剖学的ランドマークを確実に同定することが重要である。TLOは現在までに5症例に施行した。まだ観察期間は短いが,術後の副障害は少なく全例無病生存中である。今後も症例を重ねて検討していく方針である。

The oropharynx sustains important functions such as respiration, phonation, and deglutition in our upper airway. It is crucial to understand both the anatomy which sustains functions and the clinical behaviors of the cancer to obtain optimal functional results in the treatment of oropharyngeal cancers. The authors reported on the surgical technique and the indication for this transoral approach referred to as transoral lateral oropharymgectomy (TLO). Before surgery, a meticulous clinical examination including palpation of the tumor is needed. CT scan and MRI are particularly important to evaluate the deep margin of the tumor and the relationship with important anatomical tissue such as the carotid artery. Surgery should be done under a good visual exposure in order to properly identify the anatomical landmarks, such as the medial pterygoid muscle and parapharyngeal fat layer. We have performed TLO in five patients. Although the observation period is still short, all patients are maintaining good function and are surviving without disease. Further study is needed to fully elucidate the clinical usefulness of TLO.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(4), 468-473, 2006-12-25

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452781
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ