上側壁型中咽頭癌切除後再建症例における長期的術後機能評価 : Gehanno 法による長期成績の検討 LONG-TERM RESULTS OF POSTOPERATIVE FUNCTION AFTER RECONSTRUCTION OF LATERAL AND SUPERIOR OROPHARYNGEAL DEFECTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中咽頭癌において上側壁が切除された場合,術後にしばしば鼻呼吸,嚥下,構音障害をきたす。著者らはこのような欠損における再建にGehanno法を用い,術直後より良好な術後機能を得ている。今回Gehanno法の長期的成績について評価をおこない,同法の有用性につき検討をおこなった。1997年より現在までに33例に対しGehanno法を施行し,今回8例に対して,術後機能評価を行うことができた。それらの症例については概ね順調に術後機能の維持ができていると思われるが,前腕皮弁使用例の一部において,術後徐々に機能が悪化してくる症例があった。元来前腕皮弁は柔軟性に優れており,中咽頭のような複雑な形態の再建に適しているとされていたが,Gehanno法による再建材料としては,周囲組織の瘢痕による形態的変化を受けやすい可能性が示唆され,皮弁の第一選択としては腹直筋皮弁が推奨されると思われた。

Reconstruction of surgical defects of the lateral and superior oropharynx is complicated and frequently results in velopharyngeal dysfunction. We review the long-term results of reconstruction with the Gehanno method to investigate postoperative function.<BR>During the past 9 years, we performed the Gehanno method on 33 patients with carcinoma of the oropharynx. After two years or more among 8 of these patients, we conducted a detailed evaluation of postoperative function.<BR>All of the 8 patients had satisfactory function including normal nasal breathing, swallowing without aspiration and nasopharyngeal regurgitation.<BR>Narrowing of the velopharyngeal space is important for obtaining satisfactory functional results. We created a velopharyngeal port as wide as the fifth finger. Postoperative articulatory dysfunction resulting from velopharyngeal insufficiency was within the acceptable range. However, gradual velopharyngeal dysfunction caused by the fore-arm flap was seen a few cases.<BR>This reconstructive procedure preserves the good postoperative function of the oropharynx over a long period of time without technical difficulty.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会  

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(4), 474-480, 2006-12-25 

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452790
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ