小児に発生した耳下腺癌の2症例 TWO CASES OF CARCINOMA OF THE PAROTID GLAND OF A CHILD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

10歳以下の小児耳下腺癌の2症例を経験した。本邦の統計に基づいて,報告では1958年から1996年に耳下腺癌1649例中,10歳以下は9例で,本例は非常に稀な症例であった。組織型は2例ともlow gradeのmucoepidermoid carcinomaであった。手術は耳下腺全摘術,顔面神経移植術を行った。現在,顔面表情の回復は良好であり,再発なく生存している。

We experienced two rare cases of carcinoma of the parotid gland in a child aged under ten years old. In a review of 1649 patients with malignant tumors from 1958 to 1996 in Japan, 9 patients were under ten years old. We experienced rare cases in which we performed total resection of the parotid gland and facial nerve graft. Histologically, these two cases were low grade mucoepidermoid carcinoma. Post-operative course of the two patients was uneventful with satisfactory recovery of the facial palsy.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会  

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(4), 506-509, 2006-12-25 

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452865
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ