顎下腺原発の濾胞性リンパ腫の一例 A RARE CASE OF FOLLICULAR LYMPHOMA OF THE SUBMANDIBULAR GLAND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

唾液腺原発の悪性リンパ腫は稀で,その発生頻度は全悪性リンパ腫の4.7%と低い。さらに顎下腺に発生するものは9~16%程度である。また,唾液腺に発生する悪性リンパ腫はMALTリンパ腫が半数以上を占め濾胞性リンパ腫は10~30%程度を占めるのみである。今回,我々は顎下腺に発生した非常に稀な濾胞性リンパ腫を経験したので報告する。患者は58歳,女性で左顎下部の腫瘤を主訴に来院した。穿刺吸引細胞診の結果はClass Iであったが,悪性腫瘍を疑い,全身麻酔下にて顎下腺腫瘍切除術を施行した。術中迅速診断では悪性リンパ腫疑いと診断され,最終診断はGrade 1の濾胞性リンパ腫と診断された。病期分類はStage IVAでリツキシマブ,シクロホスファミド,アドリアマイシン,ビンクリスチン,プレドニゾロンによる化学療法が施行された。計8コースを終了し,治療効果は良好で現在経過観察中である。

Primary lymphoma of the salivary gland is rare, accounting for 4.7% of lymphomas overall. Furthermore, lymphomas arising in the submandibular gland are reported to comprise 9-16% of all salivary gland lymphomas. Among lymphomas originating from salivary glands, the ratio of follicular lymphoma is very low. A 58-year-old woman was referred to our hospital with a painless mass in the submandibular gland. Fine-needle aspiration biopsy showed class I findings. However, histological diagnosis indicated follicular lymphoma grade 1. The disease was considered stage IVA. Eight courses of chemotherapy were performed with rituximab, cyclophosphamide, adriamycin, vincristine, and prednisolone. This case achieved complete remission, but the patient should be followed carefully hereafter.

収録刊行物

  • 頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会  

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(4), 519-522, 2006-12-25 

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018452898
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11985555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13495747
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ