インターフェロン著効C型肝炎例における肝発癌危険因子としての血清鉄値の有用性 High serum iron level as a risk factor for hepatocellular carcinoma in hepatitis C patients with sustained virological response to interferon

この論文をさがす

著者

    • 大西 泰裕 OHNISHI Yasuhiro
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓・感染症内科学 Department of Medicine and Medical Science, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry, and Pharmaceutical Sciences

収録刊行物

  • 岡山醫學會雜誌  

    岡山醫學會雜誌 118(3), 235-242, 2007-01-04 

    岡山医学会

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018454250
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00032489
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00301558
  • NDL 記事登録ID
    8646162
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-269
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ