嵩高紙-日本製紙の挑戦 Challenge to the Development of Bulky Paper in NPI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

紙需要で最も多い市場をもつ印刷・出版用紙においては1996年をピークに縮小傾向にあり,厳しい環境下にある。このような状況において,日本製紙は嵩高軽量紙を積極的に開発・上市し,その販売量を大きく増やしている。<BR>嵩高軽量紙とは,軽くても紙厚のある紙,即ち同じ紙厚では従来の紙より軽く出来る点に大きな特徴がある。このため木材パルプの使用量が少なくて済むなど省資源にもつながり,単に品質的に軽いという位置づけではなく,今後,一層重要となってくる環境保全への取組みに貢献することが出来る省資源紙との位置づけで積極的に開発を進めている。単純に坪量を減じれば品質も低下する。また,特に上質系の紙では嵩高な機械パルプ配合も難しく,各種軽量化技術が必要である。嵩高軽量化のために填料面,薬品面での検討が行なわれてきた。従来填料配合は紙の密度を上げる方向であったが,形態や粒径を適正にした軽質炭酸カルシウムでは密度への影響が小さい,あるいは密度を下げる。更に,製紙薬品では嵩高化薬品が開発されている。これは繊維間結合を阻害要因であり,配合により紙の強度が低下する。従来,このような薬品の使用はされてこなかった。嵩高軽量紙開発にあたっては,従来の常識では難しかった技術をいち早く導入し,また設備面でも改良を進めてきた。この結果,日本製紙では非塗工紙から塗工紙,またキャスト紙までこの嵩高軽量紙をラインナップ可能となった。これら嵩高軽量紙は品質面だけでなく,環境面からも大いに貢献出来る製品であり,今後も積極的に開発を進めていく。

Bulky paper is getting popular in the past ten years. If the thickness of paper is the same, the weight of bulky paper is lighter than conventional paper. This means that bulky paper is environmentally friendly because of the lower amount of pulps and other energy consumption, and is human friendly as well. Nippon Paper Industries Co., Ltd. (NPI) has been developing and producing bulky paper ranging from non-coated paper to coated grade by new technologies. These new bulking technologies are based on fillers and chemicals. These materials were not used for bulking paper in the past. NPI has challenged and succeeded to use these new technologies. Precipitated calcium carbonate (PCC) which has scalenohedral shape and appropriately controlled particle size is favorable for bulky paper. Those PCCs have been producing at mill-site plants of NPI. Chemicals for bulky paper (bulking agents) work as blocking hydrogen bonds of fibers and so cause the decrease of strength of paper. For this reason, paper makers have hesitated to use these chemicals. However, NPI has had conquered problems to use the bulking agents. With well designed filler and bulking agent and other novel technologies, up to 30% lighter wood free book grade can be obtained.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(1), 50-53, 2007-01-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018455934
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8632694
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ