ECF漂白パルプの褪色防止について Inhibition of Yellowing of ECF Bleached Hardwood Kraft Pulp

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 河江 綾乃 KAWAE Ayano
    • 王子製紙株式会社 研究開発本部 製紙技術研究所 Research Development Div. Pulp & Paper Research Laboratory, Oji Paper Co., Ltd.
    • 内田 洋介 UCHIDA Yosuke
    • 王子製紙株式会社 研究開発本部 製紙技術研究所 Research Development Div. Pulp & Paper Research Laboratory, Oji Paper Co., Ltd.

抄録

ECF漂白LBKPをベースとした酸性紙の熱湿褪色機構について調査すると共に,その機構を利用した褪色抑制方法について検討した。調査の結果,ECF漂白LBKPをベースとした酸性紙の熱湿褪色は,LBKP中に含まれるヘキセンウロン酸が原因物質であり,熱湿条件下で酸加水分解により2―フランカルボン酸あるいは5―ホルミル―2―フランカルボン酸に転換し,重合あるいはパルプ中の酸性糖と反応して着色物質を生成し,褪色することがわかった。前記2種のフラン化合物の反応阻害による褪色抑制方法について検討した結果,クエン酸,リンゴ酸,等のカルボキシル基を複数持つ化合物の添加が有効であることがわかった。

The aim of this work was to inhibit the heat-and moisture-induced yellowing of ECF bleached hard wood kraft pulp (LBKP) in acidic paper. We have already reported that one of the derivatives of hexenuronic acid (HexA) in LBKP, 5-formyl-2-furancarboxylic acid (FFA) , causes yellowing, and that FFA might polymerize or react with pulp components to form new chromophoric groups 1) .<BR>In this study, it was shown that the carboxylic base of FFA interacts with that of glucuronic acid or galacturonic acid, resulting in strong yellowing. Therefore, it seems that preventing the reaction of carboxylic bases could be effective in suppressing this yellowing. We have discovered that polycarboxylic acids (for example, citric acid, tartaric acid, etc.) are useful as a yellowing inhibitor.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(1), 59-62, 2007-01-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018455938
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ