ワインダー支援システムの操業経験 Operational Experience of New Winder Control System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,紙面欠陥に対するユーザーの品質要求は高まるばかりであり,欠陥検出器の感度を上げ欠陥の数が増える方向にある。一方ではマシンの高速化はますます進展している。この状況の中ワインダー工程の能力向上が強く求められている。ワインダー作業の中で欠陥処理方法については大きな変化がなく,人に頼る部分が多くワインダー作業にロスの発生する一因となっている。<BR>今回,欠陥位置停止のドライブ制御に対して,前工程で紙端にインクジェットプリンターにより印字した距離情報をワインダーでCCDカメラにより読み取り,自動で補正して欠陥位置で正確に止めるシステムを導入した。この結果,ワインダーにおける欠陥処理作業について人に頼っていた部分に自動化がなされ,ワインダーの処理能力が向上した。この方式は紙の巻長が変化しやすい塗工紙工程では特に有効であろう。現在,ワインダーの能力向上はスピードのアップや巻取取卸作業の短縮で図られているが,当システムもこの一助となっていくと思われる。

Usually, only position data are sent to the drive for stopping winder to remove spots on the paper. Stopping position of winder is not accurate by that way, because paper length changes on the process, web brake shortens paper length, and also the marking position is reversed on winder.<BR>New Winder Control System (NWCS) solved that problems, by adding position data on the mark, which is printed on the paper edge by ink jet printer. The data included in the mark are read by the camera on winder, and control signal based on the data are sent to the drive. The stopping position is very accurate, because the position data in the controller are always refreshed by the mark.<BR>This is really useful system, and will be quite popular system in near future.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(1), 68-71, 2007-01-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018455950
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8632725
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ