材質改良に向けた育種戦略 Breeding Strategy for the Pulp Quality Improvement in Eucalyptus Trees

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 茂 SATO Shigeru
    • 王子製紙株式会社 研究開発本部 森林資源研究所 Forestry Research Institute, Research & Development Division, Oji Paper Co., Ltd.

抄録

王子製紙(株)では,「森のリサイクル」として2010年度までに植林面積30万haを目指し,ユーカリ属等の早生樹を中心とした海外植林事業を積極的に展開している。現在のユーカリ植林事業では,実生苗を中心とした植林が主流であるが,最近は成長や材質の良いいわゆる優良木のクローン植林が行われ始めている。今後,ユーカリクローン植林が主流となってきた場合,天然木や実生由来植林木と比べ比較的均質な原材料木を得ることができると考えられることから,成長量だけでなく材質の育種もますます重要となってくる。<BR>材質(容積重やパルプ収率,木繊維性質等)は,植林事業と製紙において大変重要な要素であるが,多くの植林事業で使用されている優良木は,ほとんどが成長性を指標に選抜されものである。したがって,必ずしも材質面で全てが優れているわけではなく,容積重やパルプ収率が極端に悪い植林木や,極端に繊維長が短い植林木の存在が,植林現場や製紙工場で問題となっている。<BR>このような状況の中で,当社では成長性だけでなく材質も優れたユーカリ優良木の作出を目的とし,材質を指標にした育種に様々な形で取り組んでいる。本稿では,当社が取り組んでいるユーカリ植林木の材質改良「材質育種」を目的とした2つのアプローチ(優良木間の人工交配と遺伝子組換え研究)について紹介する。

The Eucalyptus species are widely distributed in the temperate zone in the southern hemisphere and used as a raw material of pulp in Asian-Oceania region. The paper manufacturing industry has particularly high expectations to this tree because it has superior growth property and pulp quality. Since 1991, Oji Paper has been advancing the overseas forest plantation business for securing the forest resource and to protect the environment.<BR>Forestry Research Institute of Oji Paper has been studying the improvement of the productivity of Eucalyptus plantation in Australia. We have already isolated a lots of plus tree candidates which were selected by growth characteristics (height, diameter, etc.) from several plantation sites. We carried out the wood quality analysis of the candidates. The results of the analysis showed that there were great differences of basic density and pulp yields among the candidates, and suggested that it is very important to improve not only growth but also wood quality for the plantation business and paper manufacturing. Therefore, we have been progressing the Eucalyptus breeding project to improve the wood quality of the candidates. Our breeding project has two approaches. One is the conventional breeding method and the another is the molecular breeding method using the regulatory genes of wood quality. We report our current status of the project.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(1), 79-83, 2007-01-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018455952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8632750
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ