仕上工程省力化の歩み The Approach for No Manual Sorting System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,製紙業界において仕上工程の省力化は大きな課題とされ,各社とも機械化や組織の再構築等で推進してきている。カッター,平判自動包装機,巻取包装機等は装置が進歩し,設備投資による生産性の向上は一定の成果をあげている。しかし,仕上工程の中で,不良紙の混在した平判を,女性を主とした作業員で検査・選別して製品とする工程は最も省力化しにくい工程として残っている。弊社は20年来「工程間品証活動」と称する意識改革により,この工程の省力化に取り組んできた。各種センサーの発達により,抄紙機にて欠陥を正確に検知してマーキングすることが可能な時代である。各工程で欠陥を適切に処理することにより,検査・選別を廃止することは充分可能となった。<BR>弊社での,検査・選別作業を廃止するまでの歩みと,その効果についての経験を報告する。

A sheet finishing process is still underdeveloped compared to developed large scale and well controlled paper manufacturing process. Therefore, it needs many skilled employees who work on manual inspection and sorting. Hokuetsu Kamiseisen Co. Ltd. operates wrapping on rolls, sheeting and sheet finishing process in Hokuetsu Paper Mills. Ltd. Niigata Mill and has plugged away at labor-saving through not only automatic equipment but also awareness reform that called "quality verification activity between processes". <BR>This report is focused on the labor-saving history , especially "the quality verification activity" is described. This activity is extremely successful with the labor-saving and the re-inspection and resort worked by many skilled sorter are basically abolished

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(1), 84-87, 2007-01-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018455957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8632763
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ