モデル物質を用いたポリカーボネートの熱分解生成物の定量的解析 Quantitative Analysis of Thermal Degradation Products of Polycarbonate aided by Similar Model Compounds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 上野 智永 UENO Tomonaga
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 後藤 宏太 GOTOH Kohta
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 石川 朝之 [他] ISHIKAWA Tomoyuki
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 武田 邦彦 TAKEDA Kunihiko
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

ジフェニルカーボネート (DPC) をモデル物質に用いてポリカーボネート (PC) の熱分解生成物の定量的解析を行った. 従来からPCの熱分解生成物の解析と分解経路については研究が行われているが, 一酸化炭素 (CO), 二酸化炭素 (CD) などの低沸点熱分解生成物については定量精度の問題などで明確ではなかった. しかし, COの生成は熱分解時の有毒ガス発生, CDの生成については燃焼性制御の場合の炭化層形成を考慮するのに重要な因子である. そこで本報では熱分解生成物の定量精度の向上と検定を目的として, DPCをモデル物質に用いて未分離ピークをマススペクトルで分離定量する方法と熱分解生成物の元素および構造比制約を考案し, それをPCの熱分解とその分解生成物の定量的解析に適用した. その結果, メタン, 水, CO, それにCDの定量精度が向上し, 元素および構造比制約で検定すると熱分解生成物の定量精度が高いことが明らかになった.

The quantitative analysis of the thermal degradation products of polycarbonate (PC) was conducted, aided by the thermal degradation of diphenyl carbonate (DPC) as a similar model compound. Little is known about the accurate amount of lower volatile products such as carbon monoxide (CO) and carbon dioxide (CD) in the scission products, whereas several studies have been reported for the thermal degradation of PC. In this study, the thermal degradation of PC was quantitatively analyzed by the same method as had been examined with DPC. Method to separate coalesced peaks in a mass spectrum and the atomic or structural ratio restrictions to confirm the accuracy of analysis were designed and applied. As a result of thermal degradation of PC, methane, water, CO and CD were measured more accurately by using the separation method than by conventional methods.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(12), 791-798, 2006-12-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018457988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8625700
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ