γ線架橋したナイロン-6,6/反応性難燃剤コンポジットの固体NMRによるキャラクタリゼーション Characterization of the Cross-Lining Nylon-6,6 Blended Reactive Types of Flame Retardants with γ-Ray Irradiation by Solid State NMR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

複数個のアリル基をもつ反応性難燃剤とナイロン-6,6を混練して作製したコンポジットを成形加工した後γ線照射すると, 耐熱性や機械特性が向上する. これは難燃剤とナイロン-6,6との間に形成された架橋構造によるものと考えられる. 二種類の反応性難燃剤を用いて作製したコンポジットについて, <sup>13</sup>C固体NMRスペクトルや緩和時間測定結果から, 形成された架橋の程度や架橋構造を考察した. その結果, 架橋反応は, γ線照射により生じた難燃剤のアリルラジカルとナイロン-6,6のNH隣接メチレン位ラジカルとのカップリングにより進行することが推定された. また, 難燃剤とナイロン-6,6の反応率や架橋度は難燃剤の構造に影響されることが示され, 自由体積の小さい構造をもつ反応性難燃剤から作製したコンポジットの架橋度の方が高いことが示された.

Novel cross-linkable flame retardants containing P and N atoms were synthesized and applied to nylon-6,6/cray nanocomposites. The quantity of the amorphous region of <sup>13</sup>C CP/MAS spectra was increased after γ-ray irradiation. The spin-lattice relaxation times of nylon-6,6/cray nanocomposites after γ-ray irradiation also became longer than those before irradiation. The cross-linked structures seemed to be constructed in the nylon-6,6/cray nanocomposites by the γ-ray irradiation. We evaluated the degree of cross-linking in nylon-6,6/cray nanocomposites using two type of flame retardants by spin-lattice relaxation times. We also proved the cross-linked structure of the nylon-6,6 by comparing the spectra before irradiation with those after irradiation. The results suggested that the cross-linked structure was composed of methylene carbons near amide carbons. The opened double bond carbons of the cross-linkable flame retardants were connected to the nylon-6,6 methylene carbons.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(12), 799-804, 2006-12-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018458004
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8625716
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ