等高重心立体の構造を用いた動く造形 : ステンレスパイプによる「A study of tangible」シリーズ Solid geometric objects that maintain a constant height when moved : "A study of tangible series" made of stainless steel pipe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

これまでに地平面上を一定の方向性をもって幾何学的立体が輪転する例は, 「等高重心立体」としていくつか知られている.筆者はこれらの知見を発想の原点に, 長年「平面上をなめらかに転がる立体オブジェ」をテーマとして造形芸術的な観点から実験的小品 (プロトタイプ) を継続的に制作してきた.今回このプロトタイプをもとに, ステンレススチールのパイプを素材として, 鑑賞者が手で直接触りながら全身を使って動きそのものや形態の変化を知覚できる大型の作品を制作した.

Examples of sculptural objects with an unchanging center of gravity (solid geometric objects that maintain a constant height when moved) can be found in the past. I have used this idea as a point of departure in my production of experimental sculptural objects, prototypes that roll smoothly on the floor. I have produced such objects over many years. On this occasion I have made the prototypes of stainless steel. These large objects can be touched directly by viewers. The entire object can be rolled, allowing the viewer to experience the movement and changes in form of the object.

収録刊行物

  • 図学研究  

    図学研究 40(4), 11-16, 2006-12-01 

    日本図学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018462585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    8647152
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ