Ru-Re超分子錯体を光触媒とした高効率CO_2還元反応 High Efficient Photocatalytic Reduction of Carbon Dioxide Using Ruthenium-Rhenium Supramolecular Complexes

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 俊介 SATO SHUNSUKE
    • 東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻博士後期過程 Department of Chemistry, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
    • 石谷 治 ISHITANI OSAMU
    • 東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻 Department of Chemistry, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology

収録刊行物

  • 触媒 = Catalysts & Catalysis  

    触媒 = Catalysts & Catalysis 49(1), 48-53, 2007-01-10 

    触媒学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018465203
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00117719
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05598958
  • NDL 記事登録ID
    8656643
  • NDL 雑誌分類
    ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学)
  • NDL 請求記号
    Z17-223
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ