各種の清涼飲料水中における Staphylococcus aureus と Streptococcus pyogenes の生残性 Survival of Staphylococcus aureus and Streptococcus pyogenes in some bottled soft drinks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  <I>Staphylococcus</I>属菌及び<I>Streptococcus</I>属菌はPETボトル入り清涼飲料水中でも長時間の生存が可能な場合がある。そこで,これらの中で口腔内に常在していることの多い<I>S.aureus</I>と<I>S.pyogenes</I>の一定濃度の菌液を調製し, 菌数の変動を検討した。<BR>(1) <I>S.aureus</I>と<I>S.pyogenes</I>を接種した実験において, スポーツ飲料と乳酸菌飲料では<I>S.aureus</I>では菌数の変化が見られなかったが, <I>S.pyogenes</I>は5時間後までに死滅した。<BR>(2) むぎ茶飲料では<I>S.aureus</I>は増加し, <I>S.pyogenes</I>はわずかな減少を示した。<BR>(3) 紅茶飲料 (ミルクティ) は両菌種ともに増加した。<BR>(4) スポーツ飲料と乳酸菌飲料はpH3, むぎ茶飲料と紅茶飲料 (ミルクティ) はpH6程度であるため, 細菌の生存には成分も影響するが, pHの方がより強く影響することが示唆された。<BR>(5) むぎ茶飲料と紅茶飲料 (ミルクティ) との比較では, むぎ茶飲料はタンパク質, 脂質, 炭水化物を全く含まず, 原材料が麦の浸出液のみである。これに対し, 紅茶飲料 (ミルクティ) は乳成分 (牛乳, 脱脂粉乳など) や砂糖を含むため, 細菌の増殖に適した条件であると言える。<BR>(6) 黄色ブドウ球菌食中毒が発症するエンテロトキシン量は平均100~200ngとされる。これは, 食品中における<I>S.aureus</I>が10<sup>6</sup>cfu/g以上と同レベルの増殖である。本研究の紅茶飲料 (ミルクティ) では, 接種24時間後でもっとも増殖した試料でも10<sup>4</sup>cfu/mL程度である。このためエンテロトキシンが産生される条件に満たなかったと考えられた。

  Various kinds of oral bacterial flora become mixed in bottled soft drinks by direct drinking, but these bacteria decreased with time. It was suggested that <I>Staphylococcus aureus</I> (<I>S.aureus</I>) and <I>Streptococcus pyogenes</I> (<I>S.pyogenes</I>) were able to survive in some bottled soft drinks in our study. The survival of <I>S.aureus</I> and <I>S.pyogenes</I> that are often detected in oral becterial flora inoculated in bottled soft drinks, were discussed. In sports drinks and fermented milk-containing beverages, the number of <I>S.aureus</I> did not change, but <I>S.pyogenes</I> were dead within 5 hours. In barley tea drink, the number of <I>S.aureus</I> increased, but the number of <I>S.pyogenes</I> slightly decreased. In black tea with a milk drink, these 2 species increased. The pH of barley tea and black tea with a milk drink were about 6. The pH of the sports drink and fermented milk-containing beverage were about 3. It was suggested that the growth of these bacteria were affected by the pH rather than some of the ingredients in the soft drinks. In addition, at neutral pH, the black tea with a milk drink was suitabled for the growth of bacteria because it contained sugar and milk. Under the conditions of this study, the enterotoxin of <I>S.aureus</I> was not produced.

収録刊行物

  • 日本食生活学会誌 = Journal for the integrated study of dietary habits  

    日本食生活学会誌 = Journal for the integrated study of dietary habits 17(3), 211-216, 2006-12-30 

    THE JAPAN ASSOCIATION FOR THE INTEGRATED STUDY OF DIETARY HABITS

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018465666
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11804821
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18812368
  • NDL 記事登録ID
    8641846
  • NDL 雑誌分類
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z71-F860
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ