特許公報からみた乾燥食品(野菜類, キノコ類, 果実類)の変遷 On transition of dehydrated foods (vegetable , mushroom and fruit) by patent gazettes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  乾燥食品 (野菜類, キノコ類, 果実類) の変遷を特許に基づいて考察した。乾燥野菜類や乾燥キノコ類など, 海外からの輸入が増加しているなか, 加工に関する技術の発展に伴い新素材の開発が進められ, 食生活における日本人の食の文化の維持と発展に寄与している。本論文では次のことを明らかにした。<br>  1) 乾燥食品は粉末が多い。粉末は菓子類, 即席食品やチップス, 健康食品, ダイエット食, 製菓素材, さらにはサバイバルフーズにも利用され, 多方面に適用されている。<br>  2) 乾燥食品の形状と品質は乾燥法とその乾燥経費が関係する。<br>  3) 乾燥食品を粉末にするには噴霧乾燥が, 原型のまま乾燥するには熱風乾燥, 凍結乾燥などが適している。野菜類は凍結乾燥, キノコ類は加熱乾燥, 果実類は熱風・高温加熱が多く使用されている。<br>  4) 乾燥食品の利用法を3つのカテゴリーに分類し, 種々の機能との関係を示した。<br>  5) 乾燥食品の機能を分類し, 素材と機能との関係を示した。

  The good points of the nutritive balance based on the Japanese style eating habits are being evaluated worldwide. Dehydrated food is being investigateed as a health conscious type of food.<br>  In this study, we investigated dehydrated foods such as of vegetables, mushroom and fruit using the patent gazettes examined how to utilize them with respect to their value and the effect from the drying techniques as to the number of patents concerning the characteristics of the dehydrated foods and the nutrition.<br>  The patents suggest many way to make a powder, and use as an extempore food, chips, health food, diet food, confectionery material, and so on. As for the drying technique, there are many freezing and vacuums method for vegetables, and many high temperature heat treatments being used for drying mushrooms and fruits.

収録刊行物

  • 日本食生活学会誌 = Journal for the integrated study of dietary habits  

    日本食生活学会誌 = Journal for the integrated study of dietary habits 17(3), 239-246, 2006-12-30 

    THE JAPAN ASSOCIATION FOR THE INTEGRATED STUDY OF DIETARY HABITS

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018465737
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11804821
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18812368
  • NDL 記事登録ID
    8641882
  • NDL 雑誌分類
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z71-F860
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ